こんにちは、ソリ夫です!!

最近我が家で人気のシェラトンシェラトングランデ東京ベイに、また泊まりに行ってきました( *´艸`)

今回宿泊したのはパークウイングというタイプのお部屋です!

パークウイングはロビーからの入り口が別になっており、ショップがあるエリアの奥にセキュリティー付きの自動ドアがあります。

南国のシーサイドリゾートをイメージして作られたというパークウイングは、廊下からして内装が他のタイプの部屋とは大きくことなっています。 床には南国の植物の様なカーペットが敷かれ、壁面はちょっと濃い色の木目調になっています。 部屋番号のパネルの色も鮮やかですね~

エレベーターにも装飾を施す徹底ぶり。 パークウイングのエリアだけ異国の様な雰囲気になっています!

部屋の中

ベッドルーム

部屋の中も南国の雰囲気~ 今までの部屋と全く違った色調がとても新鮮です!

なかなか広々したお部屋ですね! ベッドは手前のベッドのみ壁に寄せることができましたが、間にサイドボードがあるためベッド同士をくっつけることはできません。

調度品や家具も部屋の雰囲気に合う様なものが導入されています。 鏡なんかすごくおしゃれですよね。

トイレ・バスルーム

トイレバスルームの内装もベッドルームのデザインにあわせて作られています。 清潔感のある内装です。

バスルームは湯舟と洗い場が別になっているタイプです。 子連れにはうれしいですね~

アメニティ・備品

バーコーナーには無料の水×2を含めてお茶やコーヒーなどいろいろなパックがあります。

タンスの中には浴衣が大人用×2、子供用×1です!

クローゼット内にはアイロン、金庫、カゴ、スリッパがあります。 洋服用ブラシ、靴ベラも棚の横にあります。

アメニティには子供用の歯ブラシも用意されていました。 T字カミソリ、ヘアブラシなどもあります。 手前に見えるのはシャワーキャップですね。



子連れの方のメリット・デメリット

最後にお子様連れの方にとってメリットになる点とデメリットになる点を書いておきたいと思います~

メリット

  • 洗い場と湯舟が別なのでお風呂に入れるときラク
  • デスクとテーブルの角が丸いので子供が動き回っても安心(タンスやサイドボードは角があるので注意)
  • 子供用の浴衣やスリッパ、アメニティもある
  • ホテル内に遊べる施設が豊富にある
  • 授乳室などの設備が充実している

デメリット

  • ベッドが寄せられないので小さい子供は寝るときに不安がある
  • 踏み台、子供用便座がない(フロントに頼めば用意してくれます)

シェラトン自体が子供連れにかなり手厚いサービスを提供しているホテルなので大変気に入っています。 メリットについても多くはシェラトンそのもののメリットなので他の部屋でも享受できる利点です。

また、館内には屋内のプレイスペースやパークゴルフを始め無料のビデオゲーム、コインゲームコーナーなど子供が遊べる施設が充実しておりパークで遊んだ後もホテル内でも楽しむことができます。

シェラトンのゲームコーナーはコインゲームやUFOキャッチャーが充実しており、今回の宿泊でも家族で結構楽しんじゃいました笑 上の写真は今回の戦利品です( *´艸`)

一方、デメリットについては部屋タイプに紐づくもので、パークウイングに関しては小さいお子様連れには向かないという感想でした。 それでもベビーガードがデフォルトで用意されているのでちょっと乳幼児でない限りは何の問題もありません。 ただ、せっかくならペントンのデザインが施されたとレジャールームなどに宿泊したほうが楽しめるかな?とは思いました。 大人のカップルならパークウイングは雰囲気がいいのでオススメですね~

それでは!!

<スポンサードリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です