こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!

先日、赤坂ACTシアターにて

先日、赤坂ACTシアターにて星組公演『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』を観劇して参りました!!

ミュージカル『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』

(宝塚公式紹介ページ⇒星組公演 『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』)

あらすじ

旅行客や客室乗務員でごった返すマイアミ国際空港のゲート。

FBI捜査官のカール・ハンラティは、長年追い続けた男を今まさに逮捕しようとしていた。男の名はフランク・アバグネイルJr.―パイロットや医者、弁護士になりすまし、偽造小切手の詐欺で大金を手にした若き天才詐欺師である。拳銃を手にフランクJr.に迫るハンラティ。もはや絶対絶命かに思えたその時、フランクJr.が意外な言葉を口にする。

 「ようこそ僕のショーへ。ここからは僕の物語」-そう軽やかに言い放つと、フランクJr.はいかにクールに全てをやってのけたかを語り始める・・・。

 ごく普通の家庭に生まれた彼が、どうして世界を股にかけたお尋ね者になったのか。まるで服を着替えるように幾つもの人生を生きたフランクJr.の物語が、TVショーの如く色鮮やかに始まる―。

公演パンフレットより

主なキャスト(かっこ内はニックネーム)

  • フランク・アバグネイル Jr.・・・紅ゆずる(べに子)
  • ブレンダ・ストロング・・・綺咲愛里(あーちゃん)
  • ロジャー・ストロング・・・悠真倫
  • カール・ハンラティ・・・七海ひろき(かいちゃん)
  • フランク・アバグネイルSr.・・・夏美よう

感想

原作は元詐欺師のフランク・W・アバグネイルJr.氏ご本人の小説で、特にレオナルド・ディカプリオ、トム・ハンクス2大スター競演の映画版がよく知られていますね。

また2011年にはブロードウェイでミュージカル化もされ、日本でもSOPHIAの松岡充さん主演で上演もされました。 今回の星組公演はこのミュージカル版に沿ったものとなっているそうで、曲なども共通のものになっているそうです。(ミュージカル版を観ていないので伝聞ですw)

今回の主演はべに子さん(紅ゆずるさん)です!! 細身でスタイルの良いジェンヌさんなのでパイロット姿が良く似合う!!

ストーリーは大体映画版と一緒ですが、フランクのお父さんがネックレスを使うところが、映画版だとスーツ屋だったのに対して、宝塚版だと校長先生に対して使っています。 加えて、フランスのくだりもなくなっており、当然飛行機からの脱走も割愛されてます。

べに子さんはフランクの少年でありながら天才詐欺師という孤独感を結構絶妙に演じてたように思います。 声の使いわけもはっきりしていましたし、声の張りも素晴らしかった!!

カイちゃんも星組という新世界で、べにちゃん負けず好演していました!! あっぱれ!!

また随所随所に散りばめられたギャグがとても面白く、テンポよく劇が進んでいました!! べに子さんは元からすばらしいコメディのセンスをお持ちですので、それが遺憾なく発揮されていました。 本当に詐欺師になれるかも・・・?

カーテンコールではべに子さんがあーちゃんに挨拶を無茶振り!! 本当にアドリブだったみたいで、かなりテンパりながら『嬉しいです・・・。ありがとうございました!』と涙目で短めのご挨拶笑 これにはべに子さんから『突然振られても話せるようにしとかなアカンで』と突っ込みが・・・。 さんまさんかよ!笑

あーちゃんはクロエ・グレース・モレッツと宙組のえびちゃん(綾瀬あきなさん)を合わせたようなかわいらしいジェンヌさんですね。 役付でみるのはこれが初めてかもしれない!!

最後に!!

これはあくまで噂の域を出ませんが、版権の問題でこの公演は、、、

DVDもスカステ放送もないかも!!!! とのことです!!

たしかにOG版CHICAGOもDVDでないしな・・・

観たい人は仕事なんかやめてしまってACTシアターへGOOOOOOOO!!!!!!!!

自分的な見どころ

  • やっぱりパイロットの制服姿!! 意外と着ている時間が短いのでご注意を!!
  • かいちゃんのダンス&歌パート!! ますますパワーアップしてます!!
  • 犬w
  • 随所に入ってくる夏美ようさんの歌唱パート。 上手い。 円熟の域ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です