こんばんは、ソリ夫です。

本日東京宝塚劇場で花組の『ラスト・タイクーン -ハリウッドの帝王、不滅の愛-』東京公演を観劇して参りました。 先ほど家に到着いたしましたが、とてもさびしい気持ちでいっぱいです・・・。

もうステージ上のまゆさんが見れないなんて!!( ;Д;)

一昨年から宝塚を見るようになったばかりで、いつも公演を楽しみにしているタカラジェンヌがこうもすぐ退団してしまうとは!!!! さびしいなぁ・・・。

ミュージカル『ラスト・タイクーン  —ハリウッドの帝王、不滅の愛—

あらすじ

 1930年代のアメリカ。ハリウッドのタイクーンと呼ばれる若き天才映画プロデューサー、モンロー・スターは、かつて自らが見出した大作映画のヒロイン、ミナ・デービスと恋におちたが、結婚発表から間もなく突然の事故で彼女を喪ってしまう。癒えることの無い傷を胸に抱えながらも、幼い頃に映画との出合いによって自らの生き方を見出した彼は、大衆の為の映画創りに更なる情熱を傾けて行く。しかし、モンローの作品にかける熱い想いは度々現場のスタッフ達との衝突を招き、彼を独裁者と非難する者までいた。虐げられた現状に怒りを感じるスタッフ達は、自らの権利を勝ち取る為、ユニオン(労働組合)結成に向けて動き出して行く。一方、モンローを育て上げたプロデューサーのパット・ブレーディもまた、彼の才能に嫉妬し、いつの日かモンローを映画界から葬り去ろうと画策していた。

 そんなある日、撮影中の映画のセットから出火する騒ぎが起こる。そこで、今は亡きミナと瓜二つの女性の姿を目にしたモンローは、一瞬で心を奪われる。キャサリンというその女性と再会を果たした彼は、次第にミナの形代ではなく彼女自身を愛するようになっていく。しかしキャサリンは、モンローにとって自分はミナの身代わりでしかないと感じていた。やがてモンローのもとへ彼に惹かれながらも傷付くことを恐れて生きるキャサリンから、同棲中の恋人と結婚することを知らせる別れの手紙が届けられるのだった。

 セットの焼失により映画の撮影続行が危ぶまれる中、再び愛することを思い出させてくれたキャサリンも去っていき―。映画の成功と愛する人、モンローは人生を賭けた夢を再び手にすることが出来るのか。

公演プログラムより

感想

さて、公演の内容に触れてみたいと思います。
『ラスト・タイクーン -ハリウッドの帝王、不滅の愛- 』は20世紀前半のハリウッドの 華やかな映画業界を舞台にしたお話です。

蘭寿とむさん演じるモンローは映画のプロデューサーで当時のハリウッドきってのヒットメーカーという役どころです。  映画に対する思いは人一倍強く、こだわるところは徹底的にこだわるタイプ。  それが故にスタッフや映画会社上層部との衝突が絶えません。

明日海りおさんの演じるブレーディはモンローと古い付き合いながらも、成功を続けるモンローへの対抗心と映画に対する方針の違いで何かと衝突するライバル。 何とかモンローを引き摺り下ろそうと妨害を繰り返します。

蘭乃はなさんは二役を演じています。 一人目はミナ・デービス。 こちらは美術スタッフとしてモンローの製作チームに参加していた女性です。 モンローが主演の女優を決めかねていたときに、スタジオを通りがかった所を見初められて突如主演女優に抜擢され一躍スターになりますが・・・。

二人目はキャサリン。 こちらはミナにそっくりな女性です。 この女性がモンローともう一人の主役といった感じです。

ストーリーについてですが、結論から言ってしましますと私はあまり好きなものではありませんでした。

ネタバレはしたくないので具体的には触れませんが、結構報われないストーリーなんですよ。 ここは完全に好みの問題ですが、私としては『モンテ・クリスト伯』や『Shall We Dance?』の様なハッピーエンド系のストーリーが大好きなので、今回の公演が終わった後ちょっと憂鬱でした。 凹みました、うん。

ただ、舞台の演出や装置の使い方は面白かった!! 中でも印象に残ったのは、ステージ上で実際に車を走らせていたところですね。 主人公のモンロー(蘭寿とむさん)がキャサリン(蘭乃はなさん)を迎えにいくところで白いオープンタイプのクラシックカーでやってくるのですが、これほんとにステージ上をゆっくり走ってくるんですよ!! タイヤの音がキュッキュいってました笑

まぁ、一長一短あれども蘭寿とむさん、明日海りおさんの両方が好きな私にとっては、 このお二人が出演しているだけでヒャッホウなわけなんですけどね!! ヒャッホウ!!

あ、あと望海風斗さんの演技がすごかったなぁ・・・。 嫌なやつの役だったんですけど、本当にムカついてしました笑 演技とても上手ですねー

公演プログラム

メガステージ『TAKARAZUKA ∞ 夢眩』

後半のレビューパート『TAKARAZUKA ∞ 夢眩』 ですが、今日の劇場の音響はちょっとおかしかったような気がします(;´Д`) 声だけ大きくなって演奏がぜんぜん聞こえなかったり、 時には声も演奏も小さかったりと、前半特に気になるところが多くありました。

それでもタキシード姿の蘭寿とむさんは全部持っていっちゃうくらいビシっときまっていました!!かっこよかった!!
蘭乃はなさんはじめ、娘役の面々が純白のロングドレスで踊るシーンがあるのですが、 そのあと黒い燕尾服を着た男役が後ろの大階段から降りてきて、強烈なコントラストを描きながら娘役と入れ代わっていきます。 このシーンが今日の公演の中で一番好きでしたねー!! 美しかった!!

最後のパレードが始まったとき、ふと『あー、もう蘭寿とむさん見れるの最後だー』と急に焦りを感じまして、それ以降はずっとオペラグラスを覗きっぱなしでした笑 カーテンが閉まる最後までガン見しました笑

そして、、、

劇場で借りたオペラグラスを返すのを忘れていたことに今気がつきました・・・。 そうか、こういう場合のための保証金5,000円だったんだな・・・。 週末に帰しにいこう(;´Д`)

割とどうでもいい話

この『ラストタイクーン』というタイトルですが、
最初タイクーンって何だろうというところが気になりました。

tycoon – (実業界の)巨頭、大立者 だそうです。

日本語の『大君』に語感も意味も似てるな、ハハハ(´∀`)

とか思ってたら、本当に『大君』が語源らしいです!!(wikipedia情報) マジかよ!!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です